株で稼ぐ人の特徴

株で稼ぐ

MENU

株で稼ぐ人の特徴

株で稼ぐ人の特徴

 

株投資で稼ぐ人は何が違うのか?

 

 

株投資の常識として言われているのが、
勝てる人はごくわずかで、大部分の投資家は負けている。

 

その勝てる人たちはチャート図の分析や高度な情報を駆使しているから
売買判断が当たっていて儲けることができる、と言われています。

 

 

 

ですが、実際はそうではないのです。

 

株で稼げている人たちは基本のメンタル面ができているんです。

 

 

もちろん株投資の知識は必要ですが、もっと大事なことは、
メンタル面を鍛えれば、株で儲けを出していくことができます。

 

 

 

わかりやすく言い換えると、
株で儲けている人は
【大多数の負けてる人と同じことをしない】
ということで、株で負けていないとも言えます。

 

 

しっかりしたメンタルがあってこそテクニカル分析などを活用して
株投資をしている人が、株で大きく稼げているんです。

 

 

つまり、株で儲けている人の特徴は、

・株投資の基本を守っている
・精神的に焦らない
・相場の流れに精通している

 

と言えます。

 

 

株投資で稼ぎたい初心者が必要なのは、
株の基本とメンタルの強さです。

 

 

 

逆に株で負けている人の特徴は、

・株投資の基本を守っていない
・精神的に焦っている
・中途半端な知識しかない

 

 

これでは株で勝てないのは当然です。

 

 

株の基本とメンタルができていなければ、
たとえ勝てる確率の高い投資方法でも使いこなせず勝てません。

 

 

株投資で稼げる人になるには、テクニカルな分析や高度な情報よりも先に、
株の基本とメンタル面の強さを確立するのが大切です。

 

 

基礎から学べる株投資教材
渋谷高雄株式投資大百科 株リッチプロジェクト 杉山てつやの株

 

『渋谷高雄株式投資大百科』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜

プロトレーダー渋谷高雄氏の投資テクニックがすべて詰まった教材。大百科なので、基礎から無理なく学んで実践的な株で稼げる技術が身に付きます。

 

公式サイトはこちら

 

株リッチプロジェクト

志垣英昭氏の勝つための株教材。低位株売買という具体的な視点の絞った投資方法をで確実に上がる銘柄を狙い撃ちします。配信される低位株リストから選んでじっくり稼ぐ株投資が実現できます。

 

公式サイトはこちら

 

杉山てつやの株

杉山てつや氏の教材。6つの条件という上がる銘柄を選び出すユニークな方法と基礎から応用まである柔軟な投資テクニック全てが学べます。学んだ技術の発展性も高く一生使えます。

 

公式サイトはこちら

 

 

 

株の新米から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと尋ねられれば、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資をやることはハードだと思います。 その根拠はこのくらいのお金があれば上場している多数の銘柄の中から気に入った投資する会社をセレクションすることができるからです。 株の投資を行う際には、単元の株ではなく、ミニ株に投資する手段も存在します。 単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を入手したい時には、ミニ株で少量ずつ買い取ることによって、一度に大きな金額を用意しなくても求める銘柄を購入できます。 これから株をやってみようと思って今はバーチャルの取引により挑戦しています。 今は調子が良くて、大聞く勝ち越してきているのですが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかなさそうです。 それでも、この株のバーチャルで得た感覚というのを大事にして、今年中には、株の取引をしようと思っています。 株を買おうという初心者にどうしてもおぼえて欲しい言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがという言葉が存在します。 株で利益を得るにはこの二つの単語をおぼえておいてちょーだい。キャピタルゲインは株式売買で生まれるマージンのことです。 例えば、1万円で買った株を2万円で売り渡せば、1万円の差額がキャピタルゲインになります。株の知識が乏しい者が初歩的な知識を学ぶためにしなければならないと思われることは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、支持を受けている本を5冊以上読まなければならないと考えられます。 五冊ほど株式投資についての本を読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は最重要すべ聞ことだということが判明するからです。 株式投資はことのほか魅力的な投資の手だてのひとつです。ただし、株の売り買いにはいろいろな危険も持っています。株の大きな危うさとしては、値が落ちる、流動的である、倒産するなどの危うさがあります。株式投資は定期預金などとは別で、元本が保証されていません。 株を始めたばかりの人は、リスクを十分に理解して用心深く投資を行う必要があります。 株の始めたての人から上級者まで必ず確認しなきゃならない数値が日経平均と言うものなのです。 日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本代表の全部で225社の株価を平均したものになります。 初心者の人でも毎日継続して日経平均をチェックすれば、株価の大きなトレンドが把握できるようになってくるでしょう。 株の投資の世界ではテクニカル指数を駆使して株の投資を行っている方々が大勢います。その結果、株投資の新米もテクニカル指標については一通り専門書などで学んでから株式の売買などをスタートした方が、勝つ率が高くなるのではないでしょうか。株を持っている場合、自分の資金への利回りを意識してしまうと思います。 銀行に預けたとしてもあまり利息がつかない現在では、債券や国債、定期預金や投資信託などにくらべ、利回りが良いものでなくては投資する意味がありません。きっちりと利回りを意識しつつ投資をすることが重要になります。 株を初めてやる人は売り払うときを逃して後悔することがあります。 誰でも人間は欲があるので、「もうちょっと高くなってから」と期待しているうちに、株の値段が下落してしまうでしょう。 利益をきちんと確定させなければ利益にはならないことを念頭にして自分なりの売り方を検討してみると上手く利益が出るかも知れません。 株投資をするサラリーマンは職場でシゴトをしている時は相場をチェックすることはできないので、基本、デイトレードのようなことはできないものです。 ですから、多くのサラリーマン投資家たちというのは決算書を思う存分読んで、割安の株を見つけ、投資しているとのことです。 株を始めたばかりの人はどの銘柄を購入すればよいのかわからないので、株式雑誌に記載されているような推奨銘柄の中から上がりそうな銘柄を選んで投資するのがいいかも知れません。 こういった経験を繰り返して、少しずつ知っている銘柄の数を多くしていき、自分で利益が得られると思える銘柄を発掘することに繋がるのだと思います。株の素人の方が、決算書を読みたいと思っても、中の決算の情報がさっぱり理解できないことでしょう。実は、心配しなくていいです。 株式投資では、短い間の売買に限れば決算書を気にせず損益をプラスにできるからです。株取引に慣れていないのなら確定申告への備えとして、取引口座を開設するにあたって、源泉徴収ありの特定口座にすることを提案します。 面倒な確定申告の作業やわからないことを調べる時間をできるだけ減らして、替りに、株取引のための情報を調べることに時間をかけることができるからです。 株の収益とは、株価が変動したことで生じた利益と、会社から配当により、支払われる金銭という利益の二つのパターンがあります。株価の変動を予測するのは難しいと思っている初心者の方は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎期支払う会社の株を買うことによって、配当という定期的な収入を得るというのも良い投資方法の一つでしょう。


 

メニュー

このページの先頭へ