株投資のトレードの種類

株で稼ぐ

MENU

株投資のトレードの種類

株投資のトレードの種類

 

株投資のトレード方法は期間でわけることができます。
それぞれ特徴が違ってくるので、よく理解してトレードをしてみましょう。

 

 

トレードの方法としては大きく分けて短期トレード長期トレードがあり、
短期はその日の内に決済をするデイトレードから数日の間に決済をするスイングトレードなどがあります。

 

それに対して長期トレードというのは数ヶ月から数年単位の保有となるので、
必然的に投資に対する考え方が変わってきます。

 

 

短期トレードの利点としては、短期間で利益を積み重ねることができることと、
損失が出てもすぐに対応すれば、大きなマイナスを出しにくいという点にあります。

 

 

長期的に保有をしていれば、株主優待や配当などが受けられ、株を資産として運用できます。
悪材料が出て半値になってしまうといったこともありますが、
長期保有であれば、最終的に利益になる可能性のほうが大きいです。

 

 

その日の内に決済をするデイトレードの場合には、
翌日に持ち越すことをしないので相場が終了した後に、
悪材料が出たとしてもその影響を受けずに済みます。

 

その代わり取れる値幅が小さいので、コツコツ価値を積み重ねていかなければならないため、
ある程度値幅を取れるスイングトレードなどと組み合わせていくと収支を向上させることができます。

 

 

一方、長期トレードの場合には目先の株価の動きはあまり重視せず、
大きな値幅を取ることを目的とした方法となります。

 

そのため、一時的に株価が半値になろうとも上昇する見込があるのであれば、
慌てずにじっくり待って株価が上がることを待つことができます。

 

この方法は銘柄選定によってリスクが大きく変わってくることになり、
安定した銘柄であれば利益が少なくても配当などでカバーをすることができますが、
値動きが荒い銘柄であれば大きなマイナスを出してしまうリスクもあるので
銘柄選びが重要となります。

 

 

株に詳しくないものはその買い方がわかりにくいです。証券会社の担当者から忠告をもらったり、株式投資を行っている知人に話しをきくなどして、株の購入の仕方を教わると良いでしょう。 また、デモトレードを利用して、勉強してみるのもいいでしょう。 株を始めた初心者であったとしても利益を出す秘訣は、落ち着いて行動することです。 気になっていた銘柄が急に価格が高くなったといって慌てて買い付けすると大抵は高値掴みということになりかねないのです。どのような高騰の理由があるのか、急激に高値になりすぎなのではないかと買い付ける前に分析をし直して冷静に行動しましょう。 株のデイトレードによって短い期間に大も受けできる人はエラーなく存在します。 デイトレードというものは、手にした株を持越さないで当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、予測できないほどに株価が下がってしまうこともあまりなく、リスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)管理が容易でしょう。株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難しいことだらけと考えられるのではないでしょうか。どこの証券業者をつかって投資を始めれば良いのかなど、尻込みしてしまうことが多いです。 誰しもが利益を得られると思って株式の売買を始めるワケですが、一年間の取引で利益を出せる方は少ないでしょう。 株に不慣れであるのなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を開設することを推奨します。 面倒な確定申告の作業や調査に費やす時間を可能な限り短くして、変りに、株取引のための情報を集めて理解する事に集中する事ができるからです。円安とは、自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落していることを言うのです。 一般的に、円安になると株が上がりやすくなっています。 輸入産業では、輸入にかかるコストが高くつくようになり結果として減益になってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は上昇します。 自動車や機械などの日本製品の販売が上むき、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。 私はアベノミクスという言葉に誘われ、経験のないまま、株を始めたばかりの未経験者です。 はじめはまったく利益が上がらず、損失を抱えてヒーヒー言っていたのですが、現在は経済が良くなったのか、私の手法が上手になったのか利益が出るように結果が出てきました。信用取引は現物株や現金を担保にして資金以上の取引ができることや空売りができることが大きい特質といえます。 特に空売りは下落相場だと大きい力を発揮し、上手に利用することで相場が上がっても下がっても稼げる武器となるのです。ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金管理をきちんとすることが必要になってきます。株の初心者の方が苦手なのは、ずばり損切りだといえます。上がるとついつい思ってしまって、手放さない場合が多いです。 または、損したくないと考え、さらに損失を拡大指せてしまうパターンがあるのです。 絶対や100%ということなどありえないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはとても重要な事です。


 

メニュー

このページの先頭へ