証券会社の選び方

株で稼ぐ

MENU

証券会社の選び方

証券会社の選び方

 

株投資をする時は、まずは証券会社に口座を開設する必要があるのですが、
証券会社選びというのも投資に大きな影響をあたえるので
よく考えて選ぶようにしたいですね。

 

 

初めて株投資をするというのであれば、
手数料が割安なネット証券から始めるのがおすすめです。

3つのポイント

 

 

手数料というのは投資をする上で無視することができない部分であり、
直接取引に関わるコストとなりますからよく比較をして選ぶことが大切です。

 

 

ある程度大きなお金を動かすとなれば、手数料の影響というのも小さくなってきますから
それ以外のサービス内容も重視して選ぶことが必要となってきますが、
最初の内はまずわかりやすい手数料から選んでみると良いでしょう。

 

 

ネット証券は基本的に店頭の証券会社と比較をしてずっと手数料が安く、
使う場合の費用も会社によってほとんど差がないです。

 

そのような意味ではどこを選んでも大差がないといえます。

 

 

しかし、取引のスタイルによっても一番安くなる証券会社というのが変わってきますから、
その辺の比較をすることが大切です。

 

短期的な取引だと割安のところもあれば、
長期保有を目的で考えると割安だというところもあります。

 

 

基本的には他の証券会社よりも割高であっても、
10万円以下の少額の取引なら一番コストが抑えることができるというケースもあるので、
どのような取引をするのかを明確にして証券会社を選んでみると良いでしょう。

 

 

また、口座開設は無料なので、
いくつかの証券会社を使い分けてみるというのも効果的です。

 

短期投資用や長期投資用として使い分けをするとコストを抑えることができますから、
一つの証券会社にこだわらず利用目的に合わせて、
いくつかの証券会社の口座を開設してみるのも悪いものではありません。

 

ただし、いくつも作り過ぎると管理が大変となってしまうので
そこは絞って開設をしてみると良いでしょう。

 

 

おすすめの証券会社

以下の証券会社は大手で操作性も信頼も高いので、まずは無料で口座開設することをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、知識を持たないまま、株を始めたばかりの素人です。最初はまったく利益が出ず、損失を抱えてヒーヒー言っていたのですが、今は経済が上むきなのか、私が上手くなったのかプラスになるように変わってきました。なかなか賃金は上がらないのに、物価だけは引き上げようとやけに政府は熱心です。物価が上がるならば企業の収益力も上がることになり、株価上昇に持つながります。 銀行等に余剰資金が眠っていれば、株の投資を始めてみると良いです。株を始めることは簡単です。 口座を証券会社に作ればよいだけなのです。今ではネット証券などもありますから、取引自体もスムーズにできます。 株式投資をおこなう人の殆どは購入している株をどういったタイミングで売り抜けるかということに苦悩するかもしれません。 しかし、一番高騰したところで株式を売り抜くことはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの精神で売り抜けることができるならいいと考えられます。株投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告しなくてはいけません。ですが、特定口座を利用した時に限り、こういった税務上の計算は金融機関がやってくれますし、場合によりは確定申告不要です。 ですから、株投資初心者の方に最もお勧めです。株式を売却したことで、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社で開いた特定口座での取引の場合は本人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。 確定申告の手間がかからない便利な仕組みですが、損失繰越などをする時には確定申告をすることになります。株を始めたばかりの人が株式投資を始める狙い目というのは、皆が株式投資に興味を失くし、株式市場が閑散とした時です。このような時期では、どの銘柄もありえないほど安値で株価が放置状態になっているので、優良銘柄を買うには絶好の時期だと感じるからです。 株の初心者が最初から難易度のある売買をすることは避けた方が良いんです。 仮に、株では空売りして利益を得る手段があります。空売りというのは、売りから始める信用取引です。空売りであれば株価が下落した際にも利益を得られます。しかし、リスクもあるので、空魅力は株の売買に十分慣れてきてからするべきでしょう。 株の世界に入ったばかりの人はどの銘柄に投資したらいいのか判断できないので、株式雑誌に掲さいされているような推奨銘柄の中からよさそうな銘柄を選択し、投資するといいでしょう。売買を繰り返して、徐々に知っている会社の数を多くしていき、自分で上がると思える銘柄を見つけ出すことができるようになるのだと思います。 株の初心者が苦手にしがちなのは、ずばり損切りなのです。ついつい上がると思ってしまい、手放さないパターンが多いのです。 または、損したくないと考え、さらに損失を拡大させてしまうパターンがあります。絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはとても重要な事です。株投資で失敗しない方法などという記事、本を頻繁に見かけます。 ですが、100パーセント失敗しないということなんてありません。 でも、ちゃんと勉強して、ルールを考えて投資するなら、成功することもありえるのが株です。 失敗することに怯えたり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しみが待っていると思うのです。 株を買うことにおいて、時間がしっかり取れるというのは重大な要素です。 日本最大の株取引市場である東証が開いている時間はAM9時より午後3時までなのでより良い価格で株を売買するためにはこの間に時間を取れることが望ましいのです。 この点で専業主婦の人は、初心者であっても好都合な立場で、株への出資が可能だと言えるでしょう。株式投資のビギナーにとっては理解が難しいことだらけに思えるのではないでしょうか。 どこの証券会社に口座を開設して株式を買えばいいのかなど、悩んでしまうことが多いです。 誰しもが利益を得られると思って株の取引を始めるワケですが、一年間の取引で利益を出せる方はわずかしかいないでしょう。私は最近、株式をはじめたばかりの初心者でございます。 株を取得し、適度に儲かったら、早々と売るべきなのか、他に、長期保有したほうが儲けになるのか分からず、未だに苦慮しています。長く保有していると、優待などもありますし、苦悩するところです。株取引では、株式チャートを参考に売買の判断をおこなう方法が一般的にあります。 そして、その内1つが押し目買いという名の手法です。株価が移動平均線と接する部分を底値と考えて、その底値に近づいた状態で株を購入する、というのが押し目買いなのです。 これまでの経験をふまえて、これから株価が上昇する傾向が強まるポイントといえます。 多くの人がそうだと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートをどうやって読んだらいいのか、わかりませんでした。 依然として完璧にわかるというワケではないのですが、「たぶんこうだろう」といった見方があるので、それなりに使えていると思います。 しかし、今で持たまに失敗してしまう事もあります。


 

メニュー

このページの先頭へ