株式投資のスキャルピングって?メリット・デメリットと具体的な方法

株投資スキャルピングとは?

MENU

株式投資のスキャルピングって?メリット・デメリットと具体的な方法

株式投資のスキャルピングって?メリット・デメリットと具体的な方法

 

株式投資のなかでも異彩なスキャルピングですが、どのような手法で利益を作るのか?
実際に稼げるのか?実践するにあたってのメリットやデメリットもふくめて、
株投資スキャルピングの基本を解説します。

 

株式投資におけるスキャルピングとはどんなものか?

 

スキャルピングとは株式投資の中で一番短い時間で売買取引行う手法のひとつです。

 

大きな儲けを出すことより小幅な儲けを何度も出すことを目的とした手法であり、
数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、1日に何度も通貨取引などを行います。

 

売買自体は忙しいですが、利益を着実に積み重ねる投資方法だと捉えておけばいいでしょう。

 

 

株式投資の分野でもこの手法での取引方法をとっている個人投資家や信託会社が存在しており、
スキャルピングをしながら、長期間の実践でじわじわと資産額が増えるといった傾向を持っています。

 

 

株式投資スキャルピングのメリット

株式投資スキャルピングのメリットはなんといってもわかりやすいのが特徴です。

 

小幅な利益が毎日得られるため、具体的に今日いくら資産が増えたのかをその日に確認できます。

 

中長期の株取引は売買が一度なので楽ですが利益確定まで時間がかかり、利益幅などが確認しづらいです。
なので、具体的な利益金額を逐一確認したいならオススメの投資方法といえます。

 

 

またFXと違って株式投資スキャルピングを選ぶメリットには、
放置しておけば自然に資産が増えるといった利点も挙げられます。
(相場状況でも落ちる場合もあります)

 

さらに、株のスキャルピングでは株価や為替相場、世界情勢などを逐一チェックしますが、
これらをプロトレーダーに代行してもらうことも可能です。

 

株の売り買いを毎日行うのは面倒だといった方でも、スキャルピングを運用することができます。

 

スキャルピングは小幅な利益を毎日のように積み重ねられるので、
確実に利益を得たいといった方なら高い満足感が得られると言えるでしょう。

 

 

株式投資スキャルピングのデメリット

株式投資スキャルピングにはデメリットももちろん、あります。

 

やはり投資なのでリスクが有り、100パーセント確実に収益が得られるわけではなく、
ときには損失も出すことを忘れてはいけません。

 

また、スキャルピングである程度利幅が出る銘柄を見つけるのもスキルが必要です。

 

売買自体が数秒から数十秒で完了するので、トレード中は相場に集中して忙しく動かないといけません。

 

株取引における取引料も考えおきましょう。
定額制にしておかなければ手数料が何万円もかかるといったデメリットがあります。

 

毎日デイトレードを繰り返す方を対象とした、定額制のネット取引口座などを活用する必要があるのです。

 

 

株式投資スキャルピングの具体的な方法

では実際に株投資スキャルピングを行うためのやり方を紹介します。

 

まず、手数料が定額制にできるネット証券会社に無料口座に開きます。

 

すでに口座を持っているのなら、違う証券会社に新しくスキャルピング用の口座を持つのも手です。
口座開設自体は無料なので、スキャルピング用にひとつ作るのもいいですよ。

 

 

あとは値動きのある銘柄を見つけて、スキャルピングをしていきます。

 

 

 

また、投資信託形式でスキャルピングを始めることもできます。
証券会社や一部の銀行の資産運用相談で対象の投資信託商品に加入するだけというのもあります。

 

株式投資スキャルピングのやり方は難しくありません。

 

 

自分で株や為替の取引をするか第三者に運用を丸投げするかは個人の判断で行えますので、
よりメリットの多いほうや取引手法として好きなほうを選ぶといいでしょう。

 

メニュー

このページの先頭へ