株投資教材について

株で稼ぐ

MENU

株投資教材について

株投資教材について

 

株投資教材とは、その名の通り「株投資のための教材」で
主に初心者のために開発された、株で儲けるための手法が載っています。

 

一般的に現役で活躍しているプロ投資家が
自身の投資方法を電子書籍(PDF)としてまとめたものが多く、
実際に稼げる技術やテクニックが掲載されているのが特徴です。

 

教材PDFをダウンロードするための購入者専用サイトがあったり、
教材以外にもメールや電話でサポートが受けられることあります。

 

また、販売者の投資家と直接話せるセミナーに参加できたり、
現在稼げている方法を教えてくれたりなど、購入者には特典も付いてきます。

 

上記のような株投資の教材にはメリットもありますが、
一番のメリットは、

 

やるべきことが明確で、早く稼げるようになる。

 

という点が大きいです。

 

 

株投資をこれまでまったくしたことがない場合でも
基礎から書かれている投資教材なら、
1から何をすればいいのか順序立てて計画的に株投資が実践できます

 

たとえば、自分だけで株を始めたなら、
膨大な時間と資金を使って、独学でなんとか学んでいき、
運がよければ自分の稼げる投資方法を作れるかもしれません。

 

しかし、全てを自分でやるので、時間がかかりすぎるし、
はたして稼げるようになるかの保証はどこにもありません。

 

 

その点、投資教材ならやることが前もってわかっているので、
どれくらいやれば稼げるのか計画がたてやすいんです。

 

実践的な技術も身に付くので、短い時間で苦労も少なくてすみます

 

 

 

株投資教材のデメリットは?

 

デメリットとしては、
教材価格が本屋さん等で売られている普通の株の本よりも高く、
またネット販売の特徴として詐欺的な教材も売っていることです。

 

しかし、これらは実はちゃんと見極めればデメリットではなくなります。

 

というのも、教材の価格はそのまま稼げるテクニックが載っているので
実践で儲ければ、教材代などすぐに元が取れるからです。

 

 

また、詐欺教材は誇大表現が多かったり、顔出しをしてなかったりと
胡散臭いのがすぐにわかるので手を出さなければ良いのです。

 

良心的でまっとうな投資教材にはたいてい返金保証が付いているので、
これを目安にするのもひとつの手です。

 

最悪の場合は教材を返品して返金制度を使えばいいだけですからね。

 

 

基礎から学べる株投資教材
渋谷高雄株式投資大百科 株リッチプロジェクト 杉山てつやの株

 

『渋谷高雄株式投資大百科』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜

プロトレーダー渋谷高雄氏の投資テクニックがすべて詰まった教材。大百科なので、基礎から無理なく学んで実践的な株で稼げる技術が身に付きます。

 

株リッチプロジェクト

志垣英昭氏の勝つための株教材。低位株売買という具体的な視点の絞った投資方法をで確実に上がる銘柄を狙い撃ちします。配信される低位株リストから選んでじっくり稼ぐ株投資が実現できます。

 

杉山てつやの株

杉山てつや氏の教材。6つの条件という上がる銘柄を選び出すユニークな方法と基礎から応用まである柔軟な投資テクニック全てが学べます。学んだ技術の発展性も高く一生使えます。

公式サイトはこちら

公式サイトはこちら

公式サイトはこちら

 

 

投資に詳しくない人が株を始めたいと思った場合は、できる限りリスクが少ない資産運用の方法を選択する必要があります。 いきなり個別の株に投資するよりも、最初のうちは投資信託などから取引を開始した方がよいかもしれません。その後、ちょっとコツをつかんできてから実際に株式投資を開始するとよいでしょう。 株の初心者から上級の人まで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均株価なのです。 日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本代表の全225社の株価を平均したものをさします。 初めての人でも毎日のように続けて日経平均をチェックすれば、株価の大きなトレンドが分かるようになってきます。私は、とある会社の株主優待が貰いたいために株式取引を開始したビギナーです。やっと最近、株を買ったり、売ったりするのが難しく感じなくなってきました。 株主優待もさまざまあり、株式を保有している会社の製品が貰えたり、買い物では割引価格で購入できるので、どの会社の株式を購入しようか迷ってしまいます。株式投資はきわめて魅力的な投資のやり口のひとつです。ただし、株の売り買いにはもろもろのリスクもあります。株の主だったリスクとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。 株式投資は定期預金などとは違い、元本の保証がありません。 株の初心者は、その危うさを十分に認識して入念に考えて投資をおこなう必要があります。 私は少し前に株を始めたばかりの初心者で、株式初心者用の本を購入し、勉強しています。参考になる本もあれば、「おや?こっちの本と触れられていることが違ってる?」と少々疑いを持つ本もあるものですが、良い点も悪い点も全体を勉強していきたいです。 株売買には現物株といった方法の他にも投資方法は様々にあります。 オプションもその中の一つです。 これにはコールという買う権利と売る権利のプットというものがあって、このそれぞれを売買でき、この4つのパターンを組み合わせて、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。 すごく魅力のある投資の方法ではありますが、それなりの知識が必要となります。株に詳しくないものはその買い方がわかりづらいものです。証券会社の社員から相談相手になってもらったり、株をやっているしり合いに話を聞いてもらうなどして、数式の買い方を指導してもらうと良いでしょう。 また、デモトレードに試して、修練してみるのも良い方法かもしれません。これから株を始めようと思って今はバーチャルの取引により楽しんでいます。今は調子が良くて、大聴く勝ち越してきているのですが、いざ実際に、株取引となると簡単にいかないかもしれません。 けれども、この株のバーチャルで得た感覚というのを大事にして、今年中には株の取引をしようと考えています。 株の空売りを行っている株式投資初心者は少ないものと思われます。 けれども、株式投資を資産運用のひとつとして長期間続けていこうと考えているのなら、理解しておいたほうがよい技術だと考えます。 その理由は、空売りを知るということは買う側の気持ちに限らず、売る側の気持ちも意識するようになるので、おこなえる取引の幅が広がるからです。 初心者は株を売るタイミングを逸してしまうことがあります。人間は皆、欲望がありますので、「もう少し高値になったら」と期待しているうちに、株が値下がりしてしまいます。利益をきちんと確定させなければ利益とはならないことを忘れないようにして自分で売り方を検討しておくと利益が出る上手い方法が見つかるかもしれません。株式投資の準備するためには口座の開設が必要となります。 未熟者にお薦めなのがインターネット証券です。ネット証券は種々の手数料が安めでセーブされているので、儲けやすいといえます。 ネット証券によりサービス内容に差異があるので、照らしあわせてから口座を開きましょう。 株投資をしている会社員は職場で働いている時は相場を見ることは不可能ので、基本的にデイトレードのようなことは不可能です。 ですから、多くのサラリーマン投資家立ちというのは決算書を思う存分読んで、割安の株を捜し出して、投資しているかもしれません。初めて株を売買する人でも利益を出せる効果的な方法は、じっくり待つことです。気をつけて見ていた銘柄が急騰しているといって追い立てられるように買い付けしてしまうと大抵は高値掴みということになりかねないのです。 どんな高騰の意味があるのか、株の買いが過熱してしまっているのではないかと株を買う前にいったん気持ちを落ち着けて検討し直しましょう。 ご存じかと思いますが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。 やっぱり初心者にはハイリスクの信用取引はすすめることはできません。 自分の資金内で売買ができる現物取引をぜひお薦めします。 入金した金額より損するリスクがないんですから。 他に、優待狙いでじっくり株を持ち続けるのも一つの投資方法ではないでしょうか。 初めて株取引をされるなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことをオススメいたします。 手間のかかる確定申告の申告作業やわからないことをしらべる時間を短縮して、その分を、株取引のための情報をかき集めることに時間を使うことができるからです。


 

メニュー

このページの先頭へ