株と税金

株で稼ぐ

MENU

株と税金について

株投資と税金対策について

 

株を始めるときには大きく儲けたいと思って始めるひとが多いことでしょうが、
利益が出ればもちろん、納税義務が発生します。

 

納税義務が発生した場合には、株の取引に応じて決められた方法で納税をする必要があるのですが、
1円でも利益が出ればすぐに納税義務が発生するというわけではありません。

 

 

それではいくらで納税をする必要が出てくるのかというと、
20万円以上の利益が出た時には納税をする必要があります。

 

逆に言えば利益が20万円以下であれば納税をする必要が無いので、
確定申告などの手続きも不要となります。

 

 

 

株での確定申告は20万以上の利益があった場合

 

 

 

株の売買をするときには取引をする口座があるのですが、
特定口座で源泉徴収がありを選ぶと自ら確定申告をしなくて済むので
手間がかかりません。

 

ただし、この方法のデメリットとして利益が出る度に
一律源泉徴収をされてしまうので、20万円よりも利益が少ない場合でも
20.315パーセントの税金を取られてしまうという欠点があります。

 

特定口座の源泉徴収が無いものがありますが、
これは確定申告をするときの取引報告書というのを証券会社が作成してくれるので、
これを利用することで20万円に満たない利益は
税金を納める必要がなくそれ以上の場合には自ら確定申告を行えば良いということになり、
手続きもそれほど難しくないので税務署に行く手間が掛かる程度で済みます。

 

 

納税は国民の義務であるため、
利益が出たのに税金を納めなければ脱税ということになり後になって、
余計に多く税金を取られてしまう恐れがありますから注意をしましょう。

 

そのため、多少デメリットは有りますが
これから株を始めようと考える人の場合特定口座の源泉徴収ありを選択しておくと
余計なことで頭を悩まさず、投資に集中をすることができます。

 

株と税金について
参考:日本取引所グループ

 

 

株式を売ったことにより、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則となるのですが、証券会社で開いた特定口座での取引の場合はその人に代わり、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。確定申告の手間がない便利な仕組みですが、損失繰越などをする際には確定申告が必要となります。 株式投資にはあまたのやり口がありますが、その手段の一つがスキャルピングです。スキャルピングは、株を購入してから売却するまでを、数秒から数十秒のかなりの短時間の間に済ませてしまう投資手だてですスキャルピングの利点は、極めて短い株の保有期間に限定することで、株価が値下がりするリスクを小さなものに維持できるということにあります。 株式投資はすごく魅力のある投資のやり口のひとつです。 ですが、株の売買にはいろんな危険も伴います。株の主だったリスクとしては、値が落ちる、流動的である、倒産するなどの危うさがあります。 株式投資は定期預金などとは別で、元本が保証されません。 株を始めたばかりの人は、リスクを十分に理解して慎重に投資をする必要があるでしょう。 株に投資する事において、時間が確保できるのは必須な要素です。日本最大の株取引(近年では、ネットトレードが主流となっていて、個人投資家も増えています)市場である東証が開いている時間は開始はAM9時、終了は午後3時までですので、より良い値段で株式を売買するためにはこの時間に、時間が取れるというのが望ましいのです。この点でいうと、専業主婦の方は、新米であっても有利な立場で株式への投資が可能と言えますね。 株の初心者の方が苦手なのは、ずばり損切りなのです。 ついつい上がると思ってしまい、手放さない事がかなりあるのです。 または、損をしたくないと思い、さらに損失を膨らませるパターンがあります。 絶対とか100%ということはないため、損失を最小限で済ませる事も株投資においては、すごく大切な事です。 私はこの間、株を始めたばかりの駆け出し者です。株を取得し、ある程度稼いだら、ただちに売るべきなのか、もしくは、長期的に持っていた方が収益につながるのか判断できなくて、未だに苦慮しています。長く手元に置いていると、優待による利益もありますし、悩むところです。ご存じかと思いますが、株取引(近年では、ネットトレードが主流となっていて、個人投資家も増えています)には現物取引と信用取引といった取引方法があります。 やっぱり初心者にはハイリスクの信用取引は推奨できません。自分の資金の範囲で投資できる現物取引から始める事をお薦めします。口座に入れている以上に損するリスクがないんですから。 例えば、優待狙いでじっくり購入した株式を保有するのも良いと思います。皆そうだと思いますが、自分は株を始めたころ、ビギナーでチャートの読み方が、わからなかったんです。 今もなお完璧にわかるというわけではないのですが、「おそらくこうだろう」といった読み方があって、ちゃんと参考にしています。 でも、今でも時々は誤ってしまう時もあります。株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないのが現実です。しかしながら、株式投資をこれからずっと続けていこうと意識しているのなら、使えるようにしたい技術のひとつだと思います。 なぜかというと、空売りを理解するということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る側の気持ちを同時に考えるようになり、行なえる取引の幅が広まり、株取引(近年では、ネットトレードが主流となっていて、個人投資家も増えています)がより楽しめるようになるからです。株式投資をおこなう人の多くは買った株をどの時期に売り抜けるかということに迷いに迷うかも知れません。 だけど、天井付近で株式を売り抜けるのはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの気持ちで売り抜けることができたらいいではないでしょうか。 私はアベノミクスという言葉で興味を持ち、経験のないまま、株を始めたばかりの素人です。始めは全然儲からず、損失を抱えてヒーヒー言っていたのですが、今は経済が良くなったのか、私がうまくなったのか黒字になるように結果が出てきました。 株のデイトレードにおいてわずかな期間に大もうけできる人は確かに存在するのです。 デイトレードという方法は、注文した株を持越しすることなく当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、想定できないほどに株価が落ちることも少なく、リスクの管理しやすいと思います。 株に不慣れであるのなら確定申告に備えて、源泉徴収ありの特定口座を取引口座として開設することを推奨します。 手間のかかる確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間を短縮して、その代り、株式投資のための情報を集めて理解することに時間を割くことができるからです。 一点に集中型の投資をする方にはそんなに必要ありませんが株、債権、海外投資など多様な投資をする時にはポートフォリオに重きをおいて投資の是非を下すべきです。


 

メニュー

このページの先頭へ