株を始める

株で稼ぐ

MENU

株を始める

株を始める:やさしい株のはじめ方

 

初心者が株を始めるには、以下の順番をたどると
無理なく始めることができます。

 

 

1無料口座をネット証券で開設する
2デモトレードで基本を学ぶ
3少額の資金から取引を開始する

 

おおまかな流れですが、ほぼこのスタイルで大丈夫です。

 

 

1無料口座をネット証券で開設する

 

まずは証券会社にてご自分の口座を開設します。
株を取引するためには証券会社に口座を持っていないとできないので、
とりあえずはじめの一歩はここからスタートです。

 

とは言っても、口座開設には身分証明書くらいしかいりませんので、
とくに難しいことはないです。

 

また、証券会社には従来の店舗もある証券会社と
ネットのみで完結するネット証券の2種類があります。

 

よほどの理由がない限り、ネットで手軽に完結できる
ネット証券で口座を解説しましょう。

 

 

2デモトレードで基本を学ぶ

 

一度証券会社で口座を開設したらな、だいたいの会社では
デモトレードが設定されており、ここでその証券会社のツールなりを使いながら
デモトレードから基本を学んでいくことが可能です。

 

 

 

いきなり実際に大切なお金を使うんじゃなくて、
ある程度の株相場の雰囲気やどうやって取引するのかに慣れておくと
後で実際に売買するときに精神的に楽です。

 

 

3少額の資金から取引を開始する

 

デモトレードで株投資の基本や取引のやり方を一通り学んでなれたところで、
実際の取引に挑戦します。

 

ここでは、まず負けても大丈夫と思われる少額から
適当な銘柄を見つけてトレードしていきます。

 

株投資で利益を出すことが目的なので、
1週間くらいで完結するスイングトレードで売買しながら様子を見ていきます。

 

 

 

以上が株を始めるだいたいの手順です。

 

ここから、じっくりと着実に結果を出しつつ、
新しい銘柄に挑戦したり、投資額を徐々に増やしていくなど
ご自分の投資スタイルを作っていきましょう。

 

株の投資をするためには口座を創らなければなりません。 未熟者にお薦めなのがネットの株取引企業です。ネット証券は種々の手数料が安くコントロールされているので、利潤を上げやすいといえます。 ネット証券によりサービスにちがいがあるので、突きあわせてから口座を申請しましょう。 ナカナカ賃金は上がらないのに、物価を引き上げようと政府は熱心です。物価が上がるならば企業収益が上がり、株価上昇ともなります。余剰資金が銀行に眠っているといったことがあれば、株式投資を始めるなどすると良いです。株をやる方法はとても簡単です。 証券会社に口座を持てばよいのです。 今ではネット証券などもありますから、スムーズに取引ができます。 投資の初心者が株式投資をスタートしたいと考えついたときは、できる限りリスクが少ない資産運用の方法を考えることが必要です。 いきなり個別株を取引するよりも、最初のうちは投資信託などから取引を開始した方がよいかも知れません。そのようにして、多少は取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式の取引をスタートするとよいでしょう。 株では株式チャートによって売買判断を行うという手法があります。その中のひとつの方法が、押し目買いと、一般的にいわれている手法になります。株価が移動平均線と接する部分をその株の底値だと考え、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いといわれる手法です。これまでの実績や経験的に、今後株価の上昇が見込めるポイントだといえます。 失敗しないで株投資をする方法などという記事や本を頻繁に見かけます。 それでも、100パーセント失敗しないということなんてありません。 ただし、ちゃんと勉強して、ルールを考えて投資するなら、成功することもあるのが株になります。 失敗を恐がったり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しみが待っていると思えるのです。 私は関心のある会社の株を所有しています。配当が年に一回出るのですが、配当金だけでなく優待でその他のものがもらえるのが狙いです。 特に好きな会社からもらえると、もっとがんばって欲しいと思います。株式を売却したことで、利益となった時の税金は申告分離課税が原則となりますが、証券会社に開設した特定口座での取引の際は本人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収して貰えます。確定申告による手間が省ける便利な仕組みですが、損失繰越などをする際には確定申告をすることとなります。株を始めたての人が株式投資を始める狙い目というのは、大多数の人が株式投資への興味が薄れて、株式市場が閑散となっている頃になります。こういう時期だと、どの銘柄もありえないほど安値で株価が放置状態となっているため、優良銘柄を手に入れるなら絶好の時期だと感じるからです。株式投資には色々な手だてがあるのですが、そのやり方の一つにスキャルピングがあります。株の購入から売却まで、スキャルピングは、数秒から数十秒のごくごく短時間の間に済ませてしまう投資手だてですスキャルピングの良い点は、株の保有期間をごくごく短く限定することで、株価が下落するリスクを最小限のものに保つことができるという点にあります。株のデイトレードにより短い期間に大も受けできる人はエラーなくいます。デイトレードというものは、手に入れた株を持越しすることなく当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、想定しないほどに株価が下がってしまうこともほとんどなく、リスク管理がしやすいでしょう。 株投資において、所得税の譲渡所得および配当所得などを計算した上で、確定申告をすることになっています。 それでも、特定口座を利用していた場合には、これら税務に関する計算は金融機関が計算してくれますし、時には確定申告もいりません。 このように、株投資者初心者の方にとてもオススメです。 私はアベノミクスという言葉に誘われ、よく準備をしないまま、株を始めたばかりの素人です。 始めは全然儲からず、ふくみ損でヒーヒー言っていたのですが、このところは経済が良くなったのか、私が上手になったのか得をするようになりました。 私の持っている株がここのところ、上がり下がりしているので、儲かりそうな株の銘柄、下がりそうな株の銘柄を己で判断し、売買をしております。 時折失敗して、損してしまうこともありますが、現在のところはなんとか収支がプラスになっています。 この先もプラスで売り抜けられたら嬉しいな、なんて思います。 株の購入において、時間を取れることも必須な要素です。 日本最大の市場である東京証券取引所が開いている時間はAM9時より午後3時までなのでより良い値段で株式を売買するためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。 この点で奥様方は、初心者ながら有利な立場で、株への投資に向いているといえるのです。 株式の売買には損失の可能性があります。 ですから、株式投資が初めての場合は、最初の資産運用は投資信託を考えてみるのも無難な方法でしょう。 投資信託はプロの投資家が期待できる投資先に幅広くバランスよく分散してお金を投じるので、安心できる初心者に最適の運用法のひとつになります。

 

メニュー

このページの先頭へ