株稼ぐ感覚を身に付ける5つの情報源

株で稼ぐ

MENU

株稼ぐ感覚を身に付ける5つの情報源

株稼ぐ感覚を身に付ける5つの情報源

 

株で稼ぐためにはいくつ日の重要な情報というのがあり、
投資をするのであれば必ず抑えておきたいものとなります。

 

ここでは、おもに必要な5つの情報を載せてありますので、
これらを日常的に確認していけば、かなり経済に通じるようになり、
株投資でもトレードの計画がたてやすくなります。

 

 

まず、日本の株に投資をするのであれば
無視することができないものとして、日経平均株価があります。

 

これは日本経済の状況を示すバロメーター的存在であり、
東証一部の主力銘柄の平均値ということになるのですが、
相場全体の傾向を把握するのに非常に役立ちます。

 

日経平均株価が順調に推移をしていれば、
相場環境が良いということになり投資をしやすい時期だと判断できますし、
逆に停滞していればそれにつられて他の銘柄も
上がりにくくなってしまうということが考えられます。

 

 

次にNYダウというのも大きな影響があるもので、
これはアメリカ市場の状態をしめすものとなっているのですが、
アメリカの市場の影響というのは世界的にも非常に大きなものであるため、
NYダウの動きによって日本経済も影響を受けることが多いため日本の市場だけでなく、
アメリカ市場もきっちり抑えておく必要があります。

 

 

個別の銘柄で言えば、決算発表も忘れてはならないものです。
決算発表は年に4回ほどあり、企業の業績がどうであるかを示すものです。

 

好決算であれば株価は上がりやすくなりますし、
逆に決算が悪ければ株価は下がりやすくなってしまいます。

 

そして、決算の内容だけでなく決算発表がいつ行われるのか
ということも忘れてはならないポイントです。

 

というのも、決算の前後というのは株価が大きく動くことが多いので、
下手に手を出せば大きな損失を抱えてしまうことがあります。

 

それだけに、決算発表の時期というのも忘れずに抑えておきましょう。

 

 

最後は企業が出すIRというのも確認をしておきたいです。
企業IRは、これから投資をしようとしている銘柄に最も大きな影響を与える
と言ってもいい情報となりますから、IRも見落とさないようにしましょう。

 

 

株式投資を始める際は、いくら値動きがすごいからといっても、ほとんど出来高のない小型株式を売買することは良いとはいえません。 どうしてかというと、日頃から出来高の少ない株式は、購入した銘柄を売却したいタイミングで売ることができないからです。 株を初めてやる人は売り払うときを逃して後悔することがあります。誰しもが人間、欲望がありますので、「あとちょっと高くなってから」と期待しているうちに、株の値段が下がってしまいます。利益を確定させなければ利益にはならないことを念頭にして自分で売り方を検討しておくと上手く利益が出るかも知れません。 株への投資にはリスクがあります。なので、株式投資の初心者のときは、まず投資信託で資産運用をスタートするのも安全な方法だと言えます。 投資信託は運用のプロが多くの有利な投資先に幅広く分散して投資するので、安全で初心者に最も御勧めの運用法のひとつと言えるでしょう。 株投資において、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をすることになります。 ですが、特定口座利用者であれば、このような税務に関する計算は金融機関が代わりに行ってくれますし、確定申告が不要になることも多いです。 このため、株を始めたばかりの方にとってとり所以おすすめです。 株式投資にはさまざまなやり方がありますが、その手段の一つがスキャルピングです。 スキャルピングは、株を購入してから売却するまでを、数秒から数十秒の極めて短時間の間に済ませてしまう投資のやり方です。 スキャルピングの良い所は、極めて短い株の保有期間に限定することで、株価が値下がりするリスクを最小限のものにとどめることができるという点にあります。 株式投資は非常に魅力的な投資のやり方の一つです。 でも、株の売り買いにはいろいろなリスクも伴います。 株の主だったリスクとしては、値が下がる、流動的である、倒産するなどのリスクがあります。株式投資は定期預金などとは違って、元本が保証されません。 株を始めたばかりの人は、リスクを十分に理解して慎重に投資をする必要があるでしょう。1点集中型の投資をしようという方には不必要かと思いますが、株や債権、海外投資など、多種の投資をおこなう場合はポートフォリオを重要視して投資するか否かを決めるべきです。 投資において最も大切だと思うのは、リスク分散型の投資スタイルですからポートフォリオによって優れたバランス投資ができているのか、常に確認作業をおこなうことが理想的です。私はこの間、株を始めたばかりの新米です。株を買い、ある水準まで儲かったら、さっさと売却するべきなのか、または、長期的に持っていた方が収益につながるのか判断できなくて、今なお悩んでいます。長く手基に置いていると、優待による利益もありますし、悩んでしまうところです。ご存じかと思いますが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。やはり初心者にはリスクの高い信用取引は良い取引方法とは言えません。自分の資金内で売買ができる現物取引をぜひ御勧めします。資金以上に損するリスクがないんですから。 ほかにも、優待狙いでじっくり株を持ち続けるのもアリだと思います。 株の経験がない方だけでなく、株式投資をする方のおおかたは可能な限り手数料が安上がりなネット証券に口座を持つのがよいと思います。 何となくといえば、株式を売り買いする為の手数料が安くすめば株式投資の売買がとても臨機応変にできるからです。 これから株を始めてみようと思って今はバーチャルの取引によりやっています。今はまだ調子が良くて、かなり大聞く勝ち越しできているのですが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないように思います。 けれども、この株のバーチャルで得た感覚というのを大事にして、今年中には株の取引を始めようと考えています。


 

メニュー

このページの先頭へ